プロミスの審査には、様々なポイントはあります。プロミスの審査基準には複数ある訳ですが、中でも安定収入などは軽視できないポイントの1つです。
そもそも収入は、人それぞれ安定性に関する違いがあります。毎月コンスタントに収入を受け取っている方もいれば、やや不定期な方もいる訳です。いわゆる歩合給の方々などは、やや不定期な傾向はあります。
それでプロミスですと、不安定な方々は少々難しい事はあります。安定的に収入を得ている方が、返済などもスムーズに進むという考え方なのです。
ですから公務員の方々などは、プロミスの審査には通りやすい傾向があります。公務員でしたら、毎月安定した収入を受け取っているので、特に問題無いと見なされるからです。また上場企業などにお勤めの方々も、審査には通りやすい傾向があります。
しかし、収入だけが唯一の審査基準ではありません。お勤め年数なども、プロミスの審査基準の1つなのです。
やはり極端に勤続年数が短い方々は、プロミスでは少々難しい傾向があります。例えば、入社してから1ヶ月も経過していない方々です。
それは正社員の方だけではなく派遣で働いている方やアルバイト・パートの方も同様です。
つまり派遣でプロミスで借りたいという方も勤続年数が長い方が優位であると言えるでしょう。

安定した収入を判断するための材料

そもそもプロミスが勤続年数を重視するのは、上記の安定収入にも関わってくるからです。勤めた年数が比較的長いのでしたら、収入もそこそこ安定していると見込まれるので、プロミスの審査には通りやすくなる傾向があります。
またプロミスには、勤続3ヶ月という審査基準があります。実はプロミスでは、勤続が3ヶ月程度でも審査に通る事はあるのです。収入に問題が無いと見込まれるなら、プロミスから借りられる事はあります。
ところが、金額に関する制限が生じるのです。そもそもプロミスから借りられる金額は、無制限ではありません。必ず上限数字が決まっているのです。
それで勤続3ヶ月以内ですと、プロミスから借りられる額は、原則10万円以内になります。多額で融資を受けるのは、少々難しくなる訳です。ですからプロミスから多くの金額を借りたい時には、勤続年数は意識する必要はあります。