車査定ではワックスがけなどをしても意味はない?

車を高くうるためにいろいろな努力をしている人もいるのですが、中にはほとんど効果のないような努力をしている人がいます。
そういった努力は本人は査定金額のアップに効果的と思っているのかもしれませんが、実際のところはあまり影響はないので、やらなくても良いと言えるのです。

例えば、ワックスがけがあります。車査定をしてもらう前にはワックスをかけておくとそれだけ見栄えがよくなって、査定金額が上がる可能性があるという想像はできるかもしれません。でも、そういったことをしても基本的には査定金額には影響がないのです。見栄えがよくなるのは事実かもしれませんが、見栄えが良いから査定金額が上がるという仕組みにはなっていないのです。

車種や年式、走行距離などの客観的な部分が評価基準として大きいので、可能性が0とまでは言いませんが、ワックスがけをしたことによって査定金額が上がるということはあまり考えられないのです。だから、一般的なアドバイスとしては車査定を受けるときにはワックスをかける必要はないということになると思います。

でも、ボディに汚れがついているなどがあれば、それを落としておくくらいは必要だと思うのです。簡単に洗車をするくらいならば意味はあると言えるかもしれません。でも、そこまでやれば十分な気がしますから、あえてそれ以上のことをやる必要はないと言えますし、ワックスをかけるということはやらないで大丈夫と言えるのではないでしょうか?

しかし車を売るなら出来るだけ高く売りたいというのは、ほとんどの方の正直な気持ちだと思います。私の地元の車査定情報サイトである車査定札幌では、売値を少しでも上げるための査定方法、そして交渉方法について紹介している役立つサイトです。私が以前車を売る時も、このサイトを参考にしてお得に売却することができました。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ