引越しの荷造りではガムテープの色を使い分けるのもコツ

引越しをするときにはダンボールに荷物を詰めていくと思いますけど、そのときには必ずガムテープを使うと思います。
そうしないと蓋が開いてしまいますから。

そのときにはガムテープの色を使い分けてみてはどうでしょうか?プロの引越し業者の人たちはこういったテクニックを実際に使っている人もいると思いますけど、これは結構有効な方法になると思うのです。

ダンボールに使うガムテープの色を使い分けることで何の意味があるのか?というと、箱を開けないでも中身がだいたい分かるというメリットがあるのです。箱の中身を知りたいならば、マジックで箱に中身を明記しておけば良いと思う人もいるかもしれません。

そういった方法でも良いですけど、手間がかかります。ガムテープはどんなダンボールにも絶対に使うものなので、その時点で色違いのモノを使っていけば、そのガムテープを貼る作業がそのまま箱に中身を書く作業と同じになります。
したがって、箱の中身を知るための作業をする手間が省けるのです。

ただし、どの色のガムテープがどの中身に対応しているか?を覚えておかないといけませんし、色違いのガムテープを複数用意しないといけないので、そこがやや手間とお金がかかるかもしれません。

したがって、ダンボールに中身を直接書くという方法の方が良いという人はそっちの方法を試してもらっても良いと思います。どっちかを選んで、あらかじめ中身が分かるようにしておくと引越し先のことを考えたときには良いと思います。
ガムテームは勿論ですが、引越しの際に準備しておくべきアイテムと用品というのは複数あります。こちらの神戸の引越し情報ではそれらの用意しておくべきものについて詳しく紹介していますので、これから引越しを控えている方は是非ご覧下さい。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ