安芸の宮島 家族みんなで楽しめる

宮島に渡るには、数十分フェリーに乗ります。
2社のフェリー会社が運航していますが、1社のフェリーは朱色の大鳥居が見える抜群の場所を通過します。

まず着いて驚くことは、鹿の頭数です。
人間になれているせいか、鹿の頭や体もなでることができます。
しかし、慣れすぎているので観光客が食べ物を持っていると、取られてしまうことが多々あります。

宮島のお土産と言ったら、もみじ饅頭ですね。
厳島神社まで歩くこと数十分ありますが、神社に到着するまでにはたくさんのもみじ饅頭屋さんがあります。
もみじ饅頭といっても店によって、いろいろな工夫を凝らしたものばかりです。

揚げたもみじ饅頭、手作りで焼いたもみじ饅頭など観光客が楽しめるようになっています。

普通のもみじ饅頭もバラエティーゆたかです。
抹茶味、チョコ味、クリーム味、チーズ味‥など。
一つずつ購入して、食べ比べてみるのもおもしろいです。
もみじ饅頭だけではなく、焼き牡蛎のお店もあります。お店の前には常に、観光客がズラリと並んでいます。

お土産物屋を通り過ぎると、朱色の厳島神社が見えてきます。
海の上に建てられた神社は本当に浮かんでいるようにみえます。
回廊を歩いていると、大鳥居が見えてきます。
普通は海の上なので遠くから眺める事しかできませんが、干潮の時には大鳥居のところまで歩けたり、くぐれたりもします。
大鳥居の下で写真をとれば、最高の記念になるでしょう。

宮島といえば厳島神社と思われるかもしれませんが、他にも名所はたくさんあります。

弥山にロープウェイで登ったり、水族館があったりと子供達も喜ぶスポットがたくさんあります。

1日中ご家族で楽しめる場所です。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ