大きな荷物だけ引越し業者に任せて料金節約

引越し業者の料金は、基本的には段ボール数に左右される傾向があります。段ボールの数が多い方が、依頼料金は高まる傾向はあるのです。

例えば業者に運んでもらう段ボールの数が、10だとします。その時の料金が、4万近くだとします。
それに対して段ボール数が15の時には、45,000円などの具合です。段ボールと料金との間には、比例関係が存在する訳です。

ところで人によっては、業者に対する依頼料金などを、できるだけ節約したいと考えています。何せ引越しでは色々とお金がかかりますから、できるだけ安い料金にしたいと思う事もあるでしょう。
このため引越しの業者に運送してもらう荷物を、ある程度制限するというやり方もあります。全ての荷物を運搬してもらうのではなく、一部分は自分で行うというやり方もあるのです。

そもそも住宅にある家具には、それぞれ大きさに関する違いがあります。簡単に誰でも運べる段ボールもあれば、それこそピアノ1台分ぐらいの重量物など、非常に多彩な物品があるでしょう。
それら様々な物品の中で、大きめサイズの物だけ運送業者に運搬してもらうやり方があるのです。ピアノやタンスなどの重たい物は運搬してもらいますが、それ以外は自分で運び込むという手段もあります。
私の友人も一昨年に地元の兵庫で転居しましたが、その際も引越し兵庫の業者に運んでもらう荷物は最小限に抑え、持っている車を活用する事によって費用を最小限に抑える事に成功していました。

実はその方が、料金を節約できる事もあるのです。あくまでも運送業者に対する料金は、物量に左右されるからです。どうしても料金を節約したい時には、業者には大きい荷物だけ運搬してもらうことも、検討してみると良いでしょう。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ